6月 夏越大祓式

夏越大祓式(なごしおおはらいしき)

日時: 6月30日 午後5時~
場 所  香取神社境内
茅の輪くぐり神事とは年に2度の大祓いのうち、6月末の大祓いを夏越の祓いといいます。
無病息災を祈願し日ごろ溜まった身の汚れを人形に移して祓う神事です。
また、夏を乗り切るための健康祈願の意味合いもあり、茅の輪をくぐってお参りしましょう。
これは、昔貧しい蘇民将来(ソミンショウライ)が、神・スサノオノミコト に宿を貸し、お礼に茅の輪を授かり、疫病のある時は茅の輪を腰につけると免れ、後の世まで栄えると教えられたという故事に由来しております。  

■「茅の輪」のくぐり方
左、右、左と八の字を書くように3回くぐり罪穢や災疫を祓い無病息災を祈ります。

「人形」(ひとがた)

ooharai_01

大祓には、神社からいただいた人形(ひとがた)にご家族のお名前を書き、体の悪い部位をなでて、息を吹きかけて祈祷料を添えて神社に納めます。神社にてお祓いし後日、茅ノ輪等を差し上げております。
「人形」をご希望の方は社務所までご連絡下さい。

茅の輪つくり

祭典 6月30日 午後5時より祭典を執り行いました

平成24年の夏越大祓式の様子