地鎮祭(じちんさい)

地鎮祭

 大地は神様からの借りものであるというところから、土地を使う時(一般住宅各種建物の新築、改築工事、各種土木工事起工)には、土地を支配・守護する神々(産土大神・大地主大神)の許しを請う儀式を行い、それを地鎮祭といっております。 地鎮祭当日には、その敷地の守護神を祀って神様の心を和め、土地の使用をお願いし、更に土地の安泰と工事の安全を祈願します。

用意するもの
(建築業者が用意する場合が多い)
(1)笹竹4本・・・長さ2m以上
(2)注連縄・・・・荒縄で10m
(3)砂・・・・・・・・バケツ2杯、または1袋
(4)乾杯のための紙コップまたは湯呑みを人数分
神饌物(しんせんもの) (1)米・・・・・・・・・・・1合
(2)酒・・・・・・・・・・・1升以上
(3)塩・・・・・・・・・・・小皿一杯
(4)魚・・・・・・・・・・・尾頭付きの鮮魚
(5)乾物・・・・・・・・・鰹節・海苔・するめ・昆布など
(6)野菜・果物・・・・各3種類づつ
※例  大根 人参   季節の物など
※例  林檎 みかん 季節の物など
(7)水・・・・・・・・・・・コップ1杯程度

※玉串・祭壇・半紙・鎌・鋤・鍬等は神社で用意して参ります。
※御神饌(5000円)の準備を依頼する場合は受付の時に申込み願います。
※竹・砂・縄(7000円)の準備を依頼する場合は受付の時に申込み願います。